幸せになれない理由

潜在意識

幸せの形は人それぞれです。

 

お金持ちになりたい

有名になりたい

仲間や愛する人と楽しく過ごしたい

人類の進歩に貢献したい

勝負の世界で1番を取りたい

 

これらは本人が望めばすべて実現できます。大切なのは 気持ちです。

 

自分に言い訳をしてあきらめていませんか?

大半の人が自分で自分にブレーキをかけている状態だと思います。

 

私は頭も良くないし、家庭も裕福ではないし、もう年だし、、、

自分にブレーキをかけている人であれば、これらの言い訳はおそらく無限に出てくると思います。

 

これらの言い訳があなたにとって何の意味があるのでしょうか?果たして真実でしょうか?

実は気持ち一つでどうにでもなるものではないでしょうか?

 

そう思っているがゆえに頭の中から現在の自分像(セルフイメージ)に見合った言い訳がいくつも提案されてくるのです。

 

専門用語でクリエイティブアボイダンスと言います。

直訳すると 「創造的言い訳」です。

 

実は、このような人は自ら進んで

頭も良くない、裕福ではない、エネルギー不足だと宣言してしまっており、

無意識的にそのような人格を望んでしまっているのです。

 

仕組みは逆です。

現実があって自分の考えや気持ちが形成されるのではありません。

自分の考えや気持ちがあって現実がそのように姿をあらわす、見えるのです。

 

気持ち、ものの見方 これらは自分で選択できます。

いつも悲観的な気持ちを持っていれば現実も必ず悲観的な姿で目の前に現れます。

 

逆もまた然りなのです。

願うもの、望むものがあるならば、

こびりついた常識や偏見を取り除き

今すぐその気持ちに素直になることをお勧めします。

いま生きているのはあなたです。あなたが好きに物語を描いていいはずです。

誰かに気を使って生きていても、その誰かのために自分の人生を浪費する意味ってありますか?

最低限度のルール、モラルがあればなんだっていいのです。

何か失敗したって、それほど大したことないです。

 

正しく気持ちを向けていきましょう。

 

 

ここでは、幸せに「なれない」カラクリを超ざっくりとお伝えしました。

 

幸せに「なれない」ことから読み取れる、幸せに「なる」ためのエッセンスとしては

  • すべての限界は根拠のない偏見、自分の物の見方が原因であることを自覚する
  • 高いセルフイメージを持つこと
  • 素直になって自分の気持ち(潜在意識)を見直し、選択し、書き換える
  • 自分のセルフイメージと気持ちと行動を一致させる

ということです。

 

今後、追って実際のやり方、考え方などを記していこうと思います。

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

コメント