【成功するための思考法】真逆思考のススメ

ものの見方、考え方
johnhain / Pixabay

 

真逆思考とは

シンプルに一般的と思われる立場の真逆を狙っていく思考法だ。

 

完全に真逆から考えると物事は始めやすい。

 

もし仮に、途中でバランスの取れた考えに修正したければ

真逆と一般の中間に身を置けばいい。

 

そういった意味で、まず対極を考えるのは有効だ。

 

 

具体的な思考方法

真逆を考えるための条件は、通常の思考ができることだ。

 

常識といってもいいだろう。

基礎があって はじめてそれを崩すことができるように。

 

やり方は簡単。

常識と信じ込んでいることの逆を考えることだ。

そこにいつでもチャンスやひずみがある。

 

応用範囲の例

エッジの利いたものの見方ができれば

ビジネスやライフスタイル、勝負事に取り入れることができる。

そして、優位性を発揮することができる。

真逆はその1つだろう。

 

 

例1 常識を疑うことはチャンス

 

例えば

大人になることは義務を負うことだ

という常識に、進んで縛られに行ってる人は多い。

 

大人になることは何でも自由にできることだ

と結論のを考えてみたらどうだろうか。

 

まずは明るくなれる。

 

そして、

そのような人のほうが圧倒的に成功する側には多いのではないだろうか。

 

もちろん、モラルや最低限の義務はあるが

逆に言ったらそれ以上の義務などあるだろうか、ということに気づける。

 

 

上の言葉の例でいうと

 

修行に10年も使う義務があるのだろうか → やらない方向で

1年生は球ひろいする義務があるのだろうか → やらない方向で

親孝行する義務はあるのだろうか → 親孝行はしない方向で

離婚しない義務はあるのだろうか → 離婚する方向で

 

 

とにかく、

常識が黒ならば、白を狙いに行くのである。

 

 

 

一番の狙い目は、

一見、常識と見せかけて、全く常識じゃないことを見つけることだ。

ここがブルーオーシャンになっていることが多い。

 

昔ながらの「常識を疑え」という標語にプラスして

 

疑った後、反対側まで飛んでいく

という思考様式をセットにしたものが真逆思考だ。

 

 

ビジネスでも使えるのか?

 

10年も修行するくらいなら

ノウハウを短期間で売るビジネスを仕掛けたほうがよさそうだし

 

球拾いするくらいなら

自分で練習環境整えたほうがいいし

 

親孝行は代行サービスなどをやればいい

 

離婚できないで困っている人を助けるビジネスなどもよさそう

 

とにかく、常識の範囲にいる以上は、外の範囲は見えてこない。

 

成功するためには、

外側から仕掛ける立場に立たなくてはいけない。

 

疑うだけから一歩進んでアイデアを出すきっかけになる有効な方法である。

 

例2 間違った行動基準から抜け出せる

幸せではない、成功していない

という人はおそらく、ギブ アンド テイク で

テイクしかしない側ではないだろうか。

 

テイクばかりしていれば、自分もテイクされる側になってしまう。

 

成功している人ほどギブを大切にしている。

 

自分がそうなりたいなら、まず他人にそうすること。

これは生きる上で非常に役に立つ原則である。

 

うまくいかない場合は、

無意識的に自分が間違った行動基準に従っている場合が多い。

 

正解は常に真逆にある。

 

例4 純粋に出し抜く

どの分野でもどの集団でも

成功するためには一般的であってはいけない。

 

「一般的」= 抜きん出ていないということだからである。

枠の外に行かなければ頭一つ抜けない。

 

これが顕著になるのは

人間が絡んでくるゲームであろう。

 

ビジネスでもそのような場面が多いが

相場がもっとも顕著かもしれない。

 

相場の格言に次のようなものがある

強気相場は

悲観の中に生まれ

懐疑の中で育ち

楽観の中で成熟し

幸福感の中で消えていく

 

この意味は

まず始めにバブル崩壊などで、

一般大衆が悲観に暮れているとき、有能な投資家は仕掛けを始める。

(悲観の中に生まれ)

 

一般大衆が手を出せずにいるうちに高騰が進み

(懐疑の中で育ち)

 

一般大衆も楽観的になり仕掛け始めるとき相場はピークを迎えており

(楽観の中で成熟し)

 

最初に仕掛けていた投資家達が手仕舞いをはじめ

バブルは崩壊し、大衆はまた悲観に暮れる

(幸福感の中で消えていく)

 

一般大衆が真逆へ方向を切り替えたときには

すでに自分は次の方向に切り替えしているべきだ。

 

まとめ

何かうまくいかないときは

考え方、行動の仕方があらゆる点で逆の場合が多い。

 

真逆思考を1セット備えていれば

常識を疑うことができる。

そして、ライフスタイルからビジネス、勝負ごとまで幅広く応用できる。

 

集団内での自分の立ち位置を見つつ

一歩抜きんでるためには有効な思考である。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました